FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  自然写真  »  月光の誘い~月の沙漠②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月光の誘い~月の沙漠②

昨日に引き続き月の沙漠です。
019_1 (1024x683)
あんまり変わらない構図ですね・・・
行く前に色々イメージしてたものもあったんですけどね。
法華崎を撮った翌日に行こうと思ったら雨で行けず、そしたら次の日は晴れだったので、もう行くしかないと思い立ち慌てて向かったのがまずかったですね。
サーチライト、ヘッドライトともに忘れてしまいました。
月光写真なのに被写体にライトを当ててピント合わせが出来ないという状態だったので全体的にピントの甘ーい写真ばかりでガッカリです。
まぁいずれ撮り直しというかリベンジという事で・・・
いつになるか分かりませんけれどね。


写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
Comment
2枚を比べると
 南房総のさぶちゃんです。
この、御宿の写真を見て
思わずコメントしました。
写真ではピントのシャープさがより求められるようですが、考えてみれば、それを感じる人間側の持っている装置は、必ずしもハイテクばかりでもないと思います。今日の、この写真のピントの柔らかさに、遠目で見る郷愁を感じる人もあるかと思います。別の表現を借りれば、オーディオで、CDの音源を好むか、私ごときの様に、アナログ音源の、3球なり4球スーパーで何分も待った末にやっと出てくるか細い音を好むか、ひとそれぞれで、好む情報(美という情報)を発信してくださる人のところに、引き寄せられるものだと思います。そういう意味で、ピントの甘さも一つの表現手段としてくださいな!
Zinさん
1 月の砂漠を はるばると
  旅のらくだが 行きました
  金と銀との くら置いて
  二つならんで 行きました
2 金のくらには 銀のかめ
  銀のくらには 金のかめ
  二つのかめは それぞれに
  ひもで結んで ありました
3 先のくらには 王子さま
  あとのくらには お姫さま
  乗った二人は おそろいの 
  白い上着を 着てました
4 ひろい砂漠を ひとすじに
  二人はどこへ いくのでしょう
  おぼろにけぶる 月の夜を
  対のらくだは とぼとぼと
  砂丘を越えて 行きました
  だまって越えて 行きました

加藤まさを詩 御宿海岸からのイメージのオブジェようですね
海岸を砂漠に例えているようです
お写真は その詩のイメージを壊すことなく私を幼い頃に誘って下さいました
幻想的な作品で情緒があります
そして上品な作品で感激しました
王子様とお姫様が その後何処に行かれたのか 気になります

さぶちゃん大魔王 さん
コンバンハ
たしかにアナログライクものって僕も大好きですよ。
音楽はよく聞きますしメディアはデジタル中心ですけど未だに古いラックスマンのアンプ使ってます。
Re: フレイアさん
> コンバンハ 
> どうも有難うございます。
> 僕が月の砂漠についてよく知らないものですからいろんな方からメールフォームからメッセージで教えて頂きました。
> 今回感じたのは写真を撮るならもうすこし被写体に関する見識が無いといけないなぁと思いました。
> ただ撮るだけじゃ写真に深みみたいなものが出ないですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Zin

Author:Zin
東京湾岸エリアを中心とした夜景と月光写真で自然の風景を撮っています。
リンクはご自由にどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。