FC2ブログ
HOME   »  行楽  »  サントリープレミアムモルツの故郷へ行ってきた

サントリープレミアムモルツの故郷へ行ってきた

というわけで、サントリープレミアムモルツの故郷、サントリー武蔵野ビール工場へ行ってきました。
まぁビール工場見学と試飲が無料で出来るという事なので、お金のかからない行楽です。
工場最寄駅の京王線/分倍河原駅に到着するとシャトルバスに乗って5分程度で工場に到着します。
最近ですと竹内結子さんやSMAPがCMキャラクターで知られてますが、サントリープレミアムモルツはこの武蔵野工場で開発されたそうですよ。
今でこそ麦芽100%というのは当たり前ですが一昔前は国内だとサントリーかヱビスだけだったと思います。
a1 (640x427)
受付を済ませると女性ガイドさんの誘導で工場案内がスタートしました。
a2 (640x427)

このビールに使用される水は通常の井戸水よりも遥かに深い天然水を地下水脈から汲み上げているようです。
a3 (640x427)

主原料となる麦は二条大麦を使っているそうです。
写真手前にポリカップが見えてますよね?この中に実際に使用する大麦が入っていて見学者に10粒ほど配られました。 
ガイドさんから『どうぞ召し上がってみて下さい』という事でしたので食べてみると香ばしくて美味しいんです。
ちょっと硬い塩味のクッキーみたいでした。
a4 (640x427)

そしていよいよ製造工程~工場内の見学です。
a6 (640x427)
この写真歩きながら撮ったのでブレちゃってますけど工場内の至る所に黒いゲートがあるんです。
実はこれエアーカーテンになっていて外部からの除菌の為だそうです・・・さすがプレミアムモルツ

工場らしくなってきましたがこれが精麦~仕込みといって麦汁をとっているそうですよ。
当然ガラスの奥へは入れません。
a7 (640x427)

この後は発酵の工程に入り、大きな円錐状の窯で24時間体制で技師の方たちがチェックしていました。
発酵してる場所なのでかなり温度が高い場所です。
残念ながらこの工程は撮影不可ということです。

このあとは貯酒というしばらく寝かせるらしいのですが下の写真は何か分かりますか?
昔はビールを貯酒しておく為のタンクだったそうで今は工場見学の通路のオブジェ?というか通路になってます。
a9 (640x427)

これが今使用されているタンクです。
ガラス越しに見ていまして中には当然入れません。
a10 (640x427)

というような工程を経て製造されたビールが缶に詰められます。
a15 (640x427)

このあたりまで来るともう見学はどうでも良くなって参加者が早く試飲したいモードがピークになってました。
という事でお待ちかねの試飲です。
工場で出来たばかりのプレミアムモルツってどんなんでしょ?
a17 (640x427)

来ました!! 
a18 (640x427)

当たり前ですけど美味しいです。
何杯でもいけるな・・と思ってしまいますが、お一人3杯までとなってます。
当然3杯飲みましたけどね。

ガイドさんから美味しいビールの注ぎ方の解説がありまして・・
a19 (640x427)

ビール工場見学は終了しました。
a30 (640x427)


関連記事
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Zin

Author:Zin
東京湾岸エリアを中心とした夜景と月光写真で自然の風景を撮っています。
リンクはご自由にどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR