FC2ブログ
HOME   »  2012年08月
Archive | 2012年08月

月光の誘い~大洗磯前神社

昨日というか日付が変わって今日になりましたが・・・
なんとか撮りに行こうと強行スケジュールで行ってきましたよ。
先日過去の写真を見直していた際にロケハンに行った事を忘れていた大洗磯前神社です。
017 (1024x683)
ご覧の通り空も海側は少し曇っていましたが、月が出ている上空はしっかり晴れていたのでなんとか収める事が出来ました。
ただ、前回この場所を訪れた時は夕方だったので気が付かなかったんですが、ちょうど鳥居の先には工場があるようで微かに工場明かりと煙といった人工物が写り込んでしまってます・・・
少し残念ですが仕方がないですね。
そんなわけでいくつか撮れた写真をお届けして行きます。

続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



雲海のような明鐘岬

ここ数日は過去の未公開が続いてますが、今日も続きます・・・
夜景ではないですが、風景ロケーションとしては明鐘岬はかなりポイントが高いと思いますよ。
093 (1024x683)
夕方なのに5秒位のシャッターで撮ったらどうなるかな?なんて何も考えないで撮ると意外な描写に驚いたりして・・・
という事もあってこの日は楽しかったですね。
いずれここも夜のロケーションで・・・月明かりで撮ってみようとは思ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twins reef ~法華崎

今日も未公開シリーズです。
この写真は以前に月が昇る前に撮った法華崎の岩礁です。
ホント今月は仕事の休みがなくて全然写真撮ってないですね。
062 (1024x683)

僕の場合撮るのは夕方から夜なので中々時間を作るのが難しかったりします。
そろそろ新しい写真撮らないとなぁ~。
今週は月が満ちて来る時期に入ってきたのでなんとか深夜強行スケジュールで行こうかと・・・
どんな結果になるか分かりませんが、天気だけは晴れてて欲しいですね~。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京スカイツリー~雅

昨日も書きましたけどこの頃夜景撮ってるといろんなところでスカイツリーを見かけますよね。
それならばスカイツリーだけを撮ってみましょ・・・
以前は『粋』カラーだったので今回は『雅』で・・・
004_1 (683x1024)
個人的には雅の方が好きかな~と思いますが粋の方がイメージ強い感じがします。
いまや今年一番行きたい観光スポットNo1ですからね。
今年中には展望台に登ってみたいです。

でも三脚もってってもいいのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

相生橋

どうも隅田川に架かる橋の中では地味というか派手さに欠けるという相生橋ですが・・・
まぁ永代橋とか勝鬨橋に比べると造形の特徴とか無いんですよ。
でも、ロケーションにパートナーが加わると一変して変わるんですね~
029 (1024x683)
ちょっと撮り方がまずかったですけどスカイツリーが構図に入ってくるとどうにか組み合わせて撮ろうと思っちゃうんですよね。
さすが、どこにでも顔を出すスカイツリーの図々しさというのは凄いです。
でもおかげで見てくれる人も増えたんじゃないかな?
良かったね、相生橋君。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あと1週間くらいです。

またまた満月を迎える時期が近づいてきました。
前回は千葉県銚子の屏風ヶ浦の月光写真にチャレンジしましたが、次はどこにしようか?
あと一週間くらいですが色々考えて行こうかと・・・
いまのところ雨の予想にはなっていないですね。
ただスケジュール的には仕事終わって夜中に撮って帰ってきて又仕事みたいな強行スケジュールになりそうなので残暑及び熱帯夜続きで大丈夫だろうかと一抹の不安が・・・
072_1 (1024x683)
前回は怖かった事も予想もしなかったトラブルもありましたからね~。
でも行くんだろうな~何も考えないで・・・いつものことだけど・・・笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mysterious footbridge~中の島大橋

夜景となるといろんな橋を撮る事になるというか、橋のライトアップは夜景として欠かせないロケーションだと思いますね。
様々な橋を撮って来ましたけどその中でちょっと変わってるというか不思議な橋がこれ・・・
069 (1024x724)
木更津にある中の島大橋です。
何が不思議ってこの橋、歩道橋なんですね~。
なので車は当然通れません。
両端が折り返しになってますよね。
ということで歩道橋としては日本最大の大きさらしいです。
昼間はそれほど目立つ事もないんですが夜になると工場夜景をバックに不思議な造形が浮かび上がって見事な夜景に変身します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Toyosu Island

さて今日は豊洲の夜景です。
晴海大橋の上から撮ってみましたよ。
002 (1024x683)
ららぽーとが出来た前後でしょうかね、続々と高層マンションが建設され続けて今やこの辺りは建設ラッシュさながらです。
こんな感じで周囲には運河があって水に浮かぶ島にも見えます。
夜景もこの写真でいうと右方面にもずっと続いて見ごたえありますよ。
近い将来この辺り一帯は摩天楼と化すのでしょうか・・・薔薇色の・・・古すぎっ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Triangle Island

中央大橋を携えて明かりが灯りだした夕暮れ時のリバーシティ21です。
昨日公開した中央大橋は名脇役として寄り添うようにトワイライトを演出します。
041_1 (1024x724)
このアングルだと夜景も良いんですが夕暮れ時が一番綺麗かもしれませんね。
これプロフィール写真で使ってる時と同じ日に撮った写真ですがプロフィール写真より少しだけ遅い時間帯なので若干マンションの明かりが多かったりします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中央大橋

隅田川に架かる橋では一番新しいそうですね。
そう言われるとデザインも今風というか洗練されてます。
016 (1024x724)
隅田川ではこの上流側では永代橋や清洲橋、下流側では勝鬨橋なんて夜景ロケーションの重鎮がいますが、どっこいこちらも中々のものではないかなと思います。
リバーシティの重要なアクセントにもなってますしね・・・
名前の通り中央区にある代表的な橋になってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

木場公園

今回は公園ですね。
木場公園という三目通り沿いにある比較的大きな敷地の公園なんです。
公園の中央に掛かる橋で行ってみて知ったんですが遠くにスカイツリーが見えますね。
010 (1024x683)
これ木場公園大橋といいましてこの手前の池が噴水になっていて動いていればよかったんですが、土日しか動いてないそうです。
・・・残念。

このエントリーをはてなブックマークに追加

晴海埠頭公園~銀のモニュメント

よく行く撮影テリトリーの晴海ふ頭公園で何回も撮った被写体です。
僕なんかが撮っても腕が上がったのかなと勘違いするくらい夜景のロケーションとしては最上級の場所だと思います。
でも実際撮るときは夕暮れ時なら黄金のマジックアワー的にとか、夜ならコントラストを効かせてという感じでモニュメントというより背景を意識して撮ってた気がしまして・・・
011 (1024x683)
このモニュメントの金属の硬質感とか冷たさを狙ってみたんですが・・・
ん~微妙。

このエントリーをはてなブックマークに追加

A reef and twilight

今日も夕暮れ時の写真を・・・
日中の明るさだととてもじゃないですが上方からの太陽の光が強すぎて捉えられません。
日が沈んでくると太陽の光が斜め~横に差し込む事から分厚い大気を通ってくるので写真になんとか収める事が出来ます。
049 (1024x683)
でもそんな時間はほんのわずかなんですよね。
天候に左右されますし・・・
都市の夜景と違う天気の気まぐれというか自然を撮る難しさをこういう場所に訪れる度に思いますね。
先月行った明鐘岬の夕暮れです。

実際現地に着いた時はホント絶景かもね・・・と思いました。
ただですね、こういう場所だと当たり前かもしれないんですが物凄い数の『フナムシ』には引きしましたけどね。
まぁ気にしないというかなんとか我慢は出来るんですがあの造形はどうも苦手です。


日の出客船ターミナル

よく通っていた豊海町から対岸に見える日の出桟橋方面です。
035 (1024x683)
ちょうどトワイライトの時間帯で客船の明かりが灯って手前では釣り人がいたりして雰囲気重視で撮ってみました。
この場所は意外にいい夜景スポットです。
周りは物流系の倉庫ばっかりで夜は全然混雑とは無縁のゆっくり都市の夜景を楽しみたい人にはお勧めです。

たまに行きたくなる場所ですね~

恐竜橋

恐竜橋・・・東京ゲートブリッジですが既に何回か訪れていて、新しいレンズを購入した際にに試し撮りに行った写真です。
007 (1024x683)
ん~ちょっと眠たい画質かなぁとこの時は思ったんですが、最近はほぼつけっぱなし状態です。
使いだすとズームレンズは便利だと実感した次第です。
・・・でこの恐竜橋ですが、周りに景色になるものが全くなくて漆黒の中に銀色の橋が浮かび上がって見えるところが最大の特徴じゃないかと・・・
若洲海浜公園からのアングルですが方や晴海方面を見てみると・・・
006 (1024x683)
こんなに明るいんですね~
開発を伺わせる重機類も見えます。
それにしてもこの場所、東京夜景には欠かせない場所になってきましたね。

Night constructs and it is a bridge

ロケ地ではないんですが向かう途中におもわず撮ってみたくなる場所があったりします。
晴海埠頭公園の晴海客船ターミナルの展望台部分とレインボーブリッジが重なって見える場所があるんですね~。
001 (1024x724)
夜の晴海埠頭公園に出かけたことがある人はなんとなく撮ってる場所は分かるかと思います。
晴海埠頭公園に向かう途中で思わず車を止めて撮った写真です。

Gods' village~ 大洗磯前神社

というわけで昨日に引き続きですが、すっかり忘れていた場所はこんなところです。
023 (1024x683)

茨城県の大洗にある大洗磯前神社の神磯の鳥居です。
分かりやすい場所にあって海岸線の駐車場からすぐなんですよ。
こんな場所なんで月光写真で撮るといい感じになるでしょうね。
024 (1024x683)


天気と仕事のスケジュール次第ですけど月の明かりで撮ってみようと思います。

Gods' village

8月中は仕事が目一杯入っていて新しい素材がなくなってきてますね。
ただ、8月が終わればようやく遅い夏休みを取って旅行を兼ねて北海道の美瑛に行けるので出来るだけ写真を撮りまくってこようかなと思ってます。
それまではしばらく我慢という事で・・・

という事なので過去の素材をいろいろ見直してみたらこんなのがありました。
006 (1024x683)

この写真をブログで公開するのは初めてですが過去の写真を見直しても長時間露光の写真ばっかりですね~
こんなのもあります。
020 (1024x683)

ホント過去に撮った写真は見直した方がいいですね。すっかりこの場所で撮ったことを忘れていました。
この日は夕方の写真だけなんですけど、以前月光写真のロケーション探しに行った時の写真なんですね~。
という事は次の月光写真を撮りに行く場所はここにするかな?

続く

レインボーブリッジとオリンピックカラーの東京タワー

ロンドンオリンピックも今日で閉幕ですね。
日本人選手のメダルラッシュに歓喜した2週間余り、今回の大会は珍しく毎日明け方まで観戦していました。
ホント女子サッカーの決勝なんて残念ながら金メダルとはなりませんでしたけど、見ていて清々しい感じがしましたね。
お互い認め合ったライバル同士、正々堂々フェアプレイで力の限り闘う姿は素晴らしい。
・・・というわけで昨日はお台場の女神であれば、今夜はお台場のシンボルを・・・
022_1 (1024x683)

ちょっと分かりづらいですけど東京タワーは5色のオリンピックカラーになってるんですよ。
もう少し寄ると~

023 (1024x683)

やっと普段の生活サイクルに戻れそうです。

お台場の女神

いまやお台場の景観としてすっかり溶け込んでいるお台場の女神。
既に設置されてから12年位らしいですよ。
本物はお目にかかった事がないですが、この女神によってお台場の夜景がよりマンハッタンっぽく演出されてるんじゃないかと思います。
007 (1024x683)
本物は111メートルもあるらしいので一度見てみたいですね。
もともと灯台としての役割があったので本物はニューヨーク港を向いてるんですね~。

一方、お台場の女神は内陸側というかそこに訪れる人達に向いています。
こんな感じで・・・
013 (1024x683)
女神の表情までは読み取れませんがきっと微笑んでいるんでしょうね。

東京スカイツリーと昭和の町並み

すっかりおなじみとなった東京スカイツリーですが全高が634mだけに都内にとどまらず意外な場所から眺めることが出来ます。
でもこんな感じがいいんじゃないかなと・・・
003 (1024x683)
スカイツリーの周囲は昭和の面影が色濃く残っているんですよね。
そんな下町っぽいところに突如巨大な電波塔が建ち、今や町のシンボルになってるなぁ。
この場所三つ目通りから路地に入ったところですが、何だか平成版のALWAYS3丁目の夕日みたいな感じがします。

Iron castle

前回に続いて鹿島工業地域の夜景写真です。
このエリアは広範囲に渡って工場群が見えるのと、偶然なのか夜になると工場一帯が白銀の照明がついて壮観でしたよ。
016 (1024x683)

昼間に一通り見て回ったのでチェックした場所を順に回って行く事に・・・

025 (1024x683)

こんな感じで電線が邪魔ですけど城みたいな雰囲気になるんですよ。
自宅からはかなり距離があるので川崎や千葉に行く感覚では通えないですがロケーションで考えると一番好みですね。

・・で次の場所に移ろうとしたところで昼ぐらいから心配していた雨が降ってきたのでやむなく撤収~。
曇ってるくらいならいいんですが雨ではだめですね~。

でも場所はバッチリチェックしたので今度行くときは完璧・・・と思います・・・たぶん。

鹿島工業地帯の夜景

川崎や千葉の工業地帯は行きましたが所謂工場夜景を見ようとすると駐車する場所がなかったり、ブロックや植樹の塀があってなかなか思うように取れない事が多いんですよね。
・・で、ちょっと前なんですけど鹿島に行ってみたんです。
とりあえず散策の拠点という事で神栖市海浜運動公園に・・・
006 (1024x683)
かなり曇って海側には分厚い雲・・・夜まで持つのか心配でしたが・・・
ここ、散策するといいところがあるんです、個人的には川崎や千葉より印象良かったですよ。
ただ工場夜景撮るときはいつも思うんですが望遠が必要になりますね~。
でもここのロケーションを切り取るには200ミリ以上は欲しいです。
019 (1024x683)

こんな感じでどこの工場も建物が高いんですよ。
色合いはほとんどの工場が白銀系で夜になるとそれはそれは美しい城のような工場群に目を奪われました。

続く

The bridge which appears at night

ロンドンオリンピックで日本人選手のメダルラッシュが続いて完全に生活サイクルが狂った毎日を過ごしています。
水泳とか体操とかサッカーとか連日徹夜に近い状態です。
ホント熱い夜が続いてますね~
003 (1024x683) (800x534)
さて、写真の方ですが出かけると夜になっても暑いですし、少しは涼めるかなと思って水が近くにある場所で撮ってはみるんですが暑さは変わりませんね。
暫くこの熱さと暑さは続くでしょう。

ガンバレニッポン!!

Night is colored

ここのところ夜景というよりは自然風景が多くなってたりしてましたが、都市の夜景を撮ってないなぁ。
遠征行くと数日の間は何かを撮りに出かけることはないんですね。
ちょっとした燃え尽き症候群ってわけじゃないですけどこういう時は普段買わない写真雑誌を買い込んで妄想するかなと書店に行ってパラパラと何冊か見たら、花火が特集になってたり一般の人が応募している写真とか結構刺激になりましたよ。
僕的には日本カメラがよかったですけどアサヒカメラとかフォトコンは一般の応募者のレベルが相当高いと思いました。
003 (1024x683)
あのレベルは全然かなわないですけど『あんなの撮ってみたいなぁ』と思う事でうまくなればと思ってます。
といっても撮りに行く前にロケハンとかなかなか出来ないのでいつも通りいけば何とかなるだろ的なゲリラ作戦で行こうかと・・・
・・・その考えがそもそも甘すぎるかもしれませんね!!

番外編~銚子で屏風ヶ浦を撮るカメラマン

今週は銚子シリーズをアップしていきましたがいろいろあって楽しめましたね。
初めて行く場所だったんで現地に行くまで手間取りましたが次回はもっとうまく出来るんじゃないかと思ってます。
さて、そんな中で他にも屏風ヶ浦を撮ろうって人はいましたね・・やっぱり。
029_1 (1024x683)
こんな感じで見るからにベテランで写真じゃ見えなくなってますけど持ち物というか機材がたくさんありましたよ。
そんなにあっても一度に使えないだろと思いながらどんなの使ってんのかな?と少し気になりましたが声をかける事もなく去って行きました。(結構人見知りなもんで・・)
さりげなく撮っちゃいましたが当日の雰囲気が良く出てるのでまぁいいかな~と。

犬吠埼

今回銚子に行ったのは屏風ヶ浦が目的でしたが車で10数分なので次はいつ来れるか分からない事から向かってみました。
この場所君ヶ浜しおさい公園といいまして砂浜がずっと続いてます。
それでは撮り始めるかなと思ったんですが風が凄過ぎて三脚立ててもブレるんですね~
さすがは台風シーズンに中継地となってるだけはあるなと感心してる場合じゃないですね。
047 (1024x683)
波も高くて見てる分には迫力があるんですよ。
長居出来ないなと思い、月も出ているので月と一緒に撮ってみようかなと・・・
054 (1024x683)
かなり遅い時間になってきたので引き上げようと思って撤収を始めかけた刹那・・・
信じられないくらいの大波が来てしぶきを機材、人間もろとも浴びてしまいました。
自然相手の写真は甘くないなと改めて痛感した次第です。
も~最悪、また来るからな~待ってろよ銚子って感じで銚子遠征シリーズは終わりました。

月光の誘い~屏風ヶ浦

さていよいよ日が暮れて月が昇り始めて来たんですが、日中から霧が立ち込めたままで超視界不良な状態が続きました。
取りあえず試し撮りでピントや水平、構図は決めてあったのでしばらく待ってると・・・
遠くから白っぽい服を着た人影が遠くからゆらゆら近づいてくるんですよ。
月の明かりで写真を撮るって位なので基本的に周囲は真っ暗でスゴイ気味悪いんです。
最初は幽霊かと思ったりしましたが『やっぱり人だ・・』と分かったら逆に怖くなってこんな真っ暗の中、明かりもつけずに『なんで近づいてくるんだよ~、来るなよ~』と祈る気持ちとは裏腹にどんどん近づいてきて間違いなく僕に向かって来ました。

そしたらですね・・
『なに撮ってるんですか~?』
という事で地元のサーファーのお兄さんでした。
昼間にサーフィンやってて帽子を忘れたので取りに来たら暗闇で写真撮ってる僕の姿を見て何やってるんだろうと気になって見に来たということのようでした。
も~びっくりさせるなよ~
それで月光写真を撮ってるって説明したら凄く興味を持ってくれて最初に撮れたのがこれ・・・
071_1 (1024x683)
遠くの街明かりが入ってしまってますが、悠久の時を経て海水に浸食された日本のドーバーは月の明かりで神々しく威厳に満ちた佇まいでした。
海も霧で霞がかって昼間と違って幻想的でしたよ。

それにしても地元の人達って暗闇の中でも明かりなしで見えるんですかね?

Thick fog

というわけで銚子マリーナから屏風ヶ浦に歩いて向かうと(結構な距離があるんです)
ビックリするぐらい霧が立ち込めてきました。
013 (1024x683)
なんとなく白っぽくなってますけど天気はスカッとする青空なんですが霧のせいで曇った感じに見えてしまいます。
遠くに見えるのが屏風ヶ浦です。
・・・で、撮影ポイントに到着すると・・・024 (1024x683)
明るめに撮ってますが、かなり視界が悪く暗いんですよ。
まぁ夜に撮影するので昼間の明るさはどうでもいいんですが霧に月光が遮られると無理なんで大丈夫だろうかとかなり不安になりました。
これで夕方の6時くらいなので2~3時間後に霧が退いてくれればいいんですけどね。
あと、写真とは全く関係ないんですがカメラ構えてウロウロしているとそれが珍しいのかサーファーの人達から声をかけてくれたりして楽しかったですよ。
見た目は皆さん真っ黒に日焼けして金髪で強面なんで近寄りがたい感じですけど気さくに話してくれた事もよかったですね。
あとは時間が来るのを待つだけです。

続く

銚子マリーナ

今回は小遠征で銚子ですよ。
先月行った明鐘岬と迷いましたが行けるときに行っとけ的なノリで現地に向かいました。
目的は日本のドーバーとも言われている屏風ヶ浦に行って月光写真を撮ってやろうというのがそもそもの考えでした。
行くのは初めてなので勝手がわからずとりあえず銚子マリーナに車を止めて現地入りすると・・・
012 (1024x683)
とにかくこの日は暑かったです。
周りはサーファーが多い中、カメラリュックと三脚担いで歩き回ると目立ちますね。
とりあえず夜に備えて場所探しですが、これだけでヘトヘト。
014_1 (1024x724)
こんな感じで期待できそうなロケーションなんですがこの後に夜の撮影に心配事というか異変が起きるんですね~

続く
プロフィール

Zin

Author:Zin
東京湾岸エリアを中心とした夜景と月光写真で自然の風景を撮っています。
リンクはご自由にどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR